Last Update 2017/11/16
ようこそ、NPO日本スコットランド協会ホームページへ
日本スコットランド協会は
日本とスコットランドの文化交流を推進し
お互いの理解を深めるために活動する会員制の団体です。
NPO日本スコットランド協会は「2017年度・スコットランド短期研修生」を募集します。
応募対象者はスコットランドの文化をより深く現地スコットランドにて学び、帰国後、協会のイベント等においてその成果を披露し、提供し、あるいは指導できる本協会会員とします。
「スコティッシュ・デイ2017 東京」のレポートをアップ致しました。
(左写真:マッデン大使ご夫妻 撮影:平岩一美さん)
協会30周年に際し「協会の歩み」のページを新たに設けました。
2017年
11/17(金)
11/18(土)
11/18(土)
11/26(日)
2018年
01/21(日)
その他
◆スコットランドを語る会◆
朝日新聞に掲載された
谷岡健彦さんの劇評
「スコットランドを語る」会の皆様へ

皆々様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
早速ですが、「スコットランドを語る」第88回のご案内をいたします。
今回お話しいただくのは、東京工業大学で教えられている谷岡健彦さんです。現代イギリス演劇が専門です。
時折、劇評も書かれます。また、句集を出されている風流人でもあります。
ジェイムズ一世、二世、三世を描いた「ジェイムズ王三部作」を中心に、現代スコットランド演劇についてお話ししていただきます。
皆さまお誘いの上、ぜひお出かけください。お待ち申し上げております。
【第88回】
日時 11月17日(金)18:00〜
場所
「うすけぼー」南青山店
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-31 ニッカウィスキービルB1 (電話:03-3486-9200)
東京メトロ表参道駅下車、青山学院方面B出口を出て徒歩10分。
講師 谷岡健彦 さん
題名 「スコットランド国立劇場の『ジェイムズ王三部作』」
参加費
会員:3,000円
一般:3,500円
一般の方も参加歓迎いたします。
お話の後で、軽食とお飲み物を準備しております。
世話人 佐藤猛郎、山田修、中尾正史(今回の担当は山田)
お問合わせ
JSS事務局
電話/FAX:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
山田修
メール:oyamada.alba@gmail.com
※申込締切:11月15日(水)
なお、お申し込みのキャンセルをする場合は同じく11月15日(水)正午までに山田までご連絡をお願い致します。それ以降になりますと、実費を後日お支払い頂くことがあります。
◆バルトン来日130年記念講演会◆
我が国の上下水道近代化に大きな貢献を果たすとともに、乾板写真術の普及や、明治時代における東京のランドマーク浅草凌雲閣十二階のデザインなど、文化的な側面でも数々の足跡を残した、お雇い外国人W.K.バルトン氏。
スコットランドの首府エジンバラで生まれ育ったバルトン氏は近年、名探偵シャーロック・ホームズ物語の作者コナン・ドイルの幼馴染だったことからも注目が高まっています。
2017年はバルトン氏が明治20年(1887年)に来日して、130年の記念すべき年にあたります。そこで、バルトン研究会(NPO法人日本下水文化研究会の分科会)では「バルトン来日130年記念講演会」を来たる11月18日(土)に開催します。入場無料です。どなたでもご来場いただけます。ご来場をお待ちしております。
日時 11月18日(土)16:00〜18:30(受付開始15:50)
場所
新宿区立新宿NPO協働推進センター
新宿区高田馬場4-36-12(旧西戸山第二中学校跡施設)5階501会議室(定員72名)
JR西武新宿線・東京メトロ東西線高田馬場駅 徒歩15分
都営バス・関東バス「小滝橋」バス停 徒歩4分
講演
@東京大学教授・佐藤健二氏
「浅草凌雲閣十二階とバルトン研究のパイオニア、喜多川周之氏に ついて」
佐藤健二先生は『浅草凌雲閣十二階失われた<高さ>の歴史社会学』(弘文堂)の著書。
生前の喜多川さんと面識があり、江戸東京博物館に遺贈された「喜多川周之コレクション」の調査も 担当されました。
A清水健氏(英国在住、BBC勤務)
「エジンバラのバルトン記念碑から11 年」
清水健氏は、ロンドンホームズ協会、日本シャーロック・ホームズ・クラブ等の会員。
バルトン一家ゆかりのクレイグハウスがあった、エジンバラのナピア大学(当時)に、下水文化研究会をはじめとする有志が寄贈した記念碑の現況など、現地の最新情報をお話しいただきます。
当講演会は、NPO法人日本下水文化研究会の第14回研究発表大会、シンポジウムに引き続いて開催されます。バルトン研究会の今後の計画については、講演の際説明させていただきます。
また、バルトン研究会(分科会のみ)の入会も受けつけます。なお、変更の可能性もありますの で、参加希望者は念のため下記のメールアドレスにご一報ください。
参加費 無料
公式HP NPO法人日本下水文化研究会
お問合わせ
バルトン研究会 世話人 石井貴志
臨時連絡用アドレス:ishiitakashi@me.com>
◆JSSから音楽の贈物 ハワット・ファミリィのコンサート◆
スコットランドからやってくる四人の兄弟によるスコットランドの美しいメロディ。
ピアニストのラッセルさん。
プロのヴァイオリニストのカロルさん。
チェリストのリンダさん。
ピアノ・ボーカルのヴィヴィアンさん。
ハワットさん達のコンサートが来る11月、神戸と東京にて開催。
モーツアルト、ベートーベン、バッハ、チャイコフスキーなどおなじみの作曲家の作品から、スコットランドのトラッドまで多彩な魅力溢れる楽曲をお届けします。
皆様、ご家族やご友人をお誘いの上、ぜひ会場にお越し下さいますよう、心からお待ちしております。
ハワット家と協会の関係は、30年近く前から始まりました。
ご兄弟の亡きお父上ジム・ハワットさんは、協会の活動を支援し毎年寄付を行って行って下さいました。
そのご遺志を継いでいらっしゃるのが、今回来日される皆様です。
【神戸】
日時 11月18日(土)
13:30〜15:00(13:00開場) コンサート
15:10〜16:30 懇親会(サンドイッチやケーキなどでお茶会になります)
場所 神戸倶楽部
兵庫県神戸市中央区北野町4-15-1 (電話:078-241-2588)
会費 会員:3,500円 一般:4,000円 学生:3,000円
お問い合わせ

お申込み
JSS事務局
電話:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
※お申込み締め切り:11月14日(火)
【東京】
日時 11月26日(日)
13:00〜14:30(12:30開場) コンサート
14:40〜16:00 懇親会(軽食とフリードリンク付 アルコール/ソフトドリンク)
場所 「音楽ビアプラザ ライオン」銀座ライオンビル5階
東京都中央区銀座7-9-20 (電話:03-3573-5355)
会費 会員:4,500円 一般:5,000円 学生:3,500円
お問い合わせ

お申込み
JSS事務局
電話:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
※お申込み締め切り:11月22日(水)
◆バーンズサパー 2018◆
スコットランドの式典とケイリーダンス
スコットランド生まれの歌「蛍の光」の作者であるロバート・バーンズの生誕を祝う伝統の式典と、みんなで楽しく踊るケイリーダンスを通じて、スコットランドの文化や伝統を体験してみませんか?
美しい本場の音楽を聴いたり、手に手を取って踊ったり、そこはまるでスコットランド!
日時 1月21日(日)開場13:45 開演14:00
場所
いきいきプラザ一番町 カスケードホール
東京都千代田区一番町12
参加費 大人:1,300円(千代田区民は1,000円)
小学生以下:無料
出演
演奏:KAAZ Celtic大竹奏(フィドル)
山根篤(バグパイプ)
山根京子(ピアノ)
ダンス:Bluebell Highlanders
詩の朗読:Alex Sayers
お問い合わせ

お申込み
メール:carakanatea@gmail.com
FAX:03-5213-4903
書籍 「バルトン先生、明治の日本を駆ける! 近代化に献身したスコットランド人の物語」
書名 バルトン先生、明治の日本を駆ける!
近代化に献身したスコットランド人の物語
著者 稲場 紀久雄
出版社 平凡社
判型 4-6版 352ページ
初版刊行日 10月19日(水)
価格 2,800円(税別)
ISBNコード 9784582824834
日本と台湾で今尚、「近代水道の父」として敬慕されているスコットランド人エンジニア、ウイリアム・K・バルトンの生い立ちから43歳の若さで東京で客死するまでの生涯と人となり、思想と業績を40年にわたって克明に辿った評伝です。
著者畢生のライフワークである本書は、未公開の写真やデータがふんだんに掲載され、時代背景や関係する人物へについても詳しく言及されています。

遠く故国を離れ、計り知れない異文化のバリアーを乗り越えて誠実に使命を全うしたバルトンの生き様は、一世紀を経た現在も多くの示唆を与えてくれます。
また、スコットランドを第二の故郷と偲ぶ本会の会員は、より深く強くスコットランドへの思慕を掻き立てられることでしょう。ご興味ある方は、協会までご連絡ください。
書籍 「酒場天国イギリス 英国文化を味わい尽くす」
書名 酒場天国イギリス 英国文化を味わい尽くす
著者 小坂 剛
出版社 中央公論新社
判型 新書判 328ページ
初版刊行日 9月8日(土)
価格 880円(税別)
ISBNコード 9784121505620
酒場から英国の光と陰を照らし出す。エール、シングルモルトといった酒文化の蘊蓄から、ロック、ミステリーなど「大人の趣味」までを肴に、パブやバーで、ピーター・バラカン、『レモン・ハート』の古谷三敏ら「通」たちのとっておきの話を聞く。世界一ぜいたくな「酒都」めぐり。

本文中に日本スコットランド協会代表理事・高橋愛朗を始め、JSSに所縁のある方たちのお話も登場しますので、是非お手に取ってみて下さい。
音楽CD 「HAPPY TARTAN」
タイトル 音楽CD 「HAPPY TARTAN」
アーティスト
著者:近藤 ゆう子
演奏者:大竹 奏
価格
CD:1,000円
ブック:500円
お問い合わせ
&
お申込み
JSS事務局
電話/FAX:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
当協会の会員で、スコティッシュダンスのサークル「タータンクラブ」を主宰し
指導している近藤ゆう子さんがスコティッシュ・カントリーダンスのステップや
フォーメーションを記したとても素敵な本を作成されました。

ジグやリール、ストラスペイなど全10セット、曲もオリジナルで作曲、演奏は協会のイベントでもおなじみの会員のフィドラー、大竹奏さん、楽譜も掲載されています。3人で踊れるものから、勿論大勢で楽しめるものまで、大変わかりやすく、海外でもすでに評判で、踊られているものもあるそうです。いつか協会のタータンを身につけて、この中のダンスを披露してくださることでしょう!

CD、ブックは協会でも販売しております。
「Happy Tartan」はCD1000円、ブック500円です。
ご希望の方は、協会へご連絡ください!
◆JSSタータンのご注文について◆
協会のオリジナル・タータンで作ったスカートやキルト、サッシェなどを目にした方々 から、自分たちも作りたいという注文が入っています。生地をほしい、スカートを作りた いズボンもなど、声が届いています。
そこで、あらためて希望する方々を募集いたします。糸を染め、織り仕上げまでを、スコットランドの工場に依頼いたします。こ希望の方は、 協会に申し込みください。追って採寸表などをお送りします。
スカートやキルトの制作費は参考価格です。協会は皆様の注文の取りまとめと取り次ぎ のみを行います。現地製造費用は為替変動によって決まりますのでご了承ください。
※おおよその費用 (布、仕立て代、税込)
女性用スカート 参考 18,000〜20,000円
男性用キルト 参考 35,000〜38,000円
ズボン 未定
サッシエ 参考 2,000〜2.500円
布地など 未定 1,500円/m
お問い合わせ

お申込み
JSS事務局
電話:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
※お申込み締め切り:2月15日(月)
Copyright 2002 The Japan-Scotland Society All right reserved ©
info@japan-scotland.jp