Last Update 2020/01/17
ようこそ、NPO日本スコットランド協会ホームページへ
日本スコットランド協会は
日本とスコットランドの文化交流を推進し
お互いの理解を深めるために活動する会員制の団体です。
「スコティッシュ・デイ2019 東京」のレポートをアップ致しました。
協会30周年に際し「協会の歩み」のページを新たに設けました。
2020年 
1/10(金)・1/17(金)
1/22(水)
2/15(土)
2/11(火・祝)
3/15(日)
その他 
◆スコティッシュ・デイ 2020◆
世界で最も有名なスコットランドの詩人は、ロバート・バーンズ (1759-96)です。
世界中、年末になくてはならない詩を書いたことでも知られています。それは日本で言う「蛍の光」、原詩は「Auld Lang Syne」。この詩は再会を喜び、また会おうという内容です。この会にぴったりの言葉です。
バーンズの生誕(1月25日)を祝い、世界のどこにいようともこの日あたりに集うスコティッシュにならい、バーンズを知り、スコットランドを楽しみたいと思います。
「ハギスに捧ぐ」のセレモニーから始まり(JSS代表・高橋愛朗が日本語で、 チャールズ・マーシャルさんが原詩朗誦)、詩の朗読は日本語とスコットランド語で、スコットランドの歌をクラシックのバリトン歌手・春日保人さん・ピアニストの又丸菜緒子さん、バグパイプを解体分析する説明と演奏を東京パイプバンドの山根篤さん、など豪華な方々が登場致します。皆で飲食しながら、楽しい時間をお過ごし頂きますよう、協会一同お待ち申し上げております。
日時 2月11日(火・祝) 12:00〜15:00
場所
東京都中央区銀座7-9-20 ライオン銀座七丁目ビル5F (電話:03-3573-5355)
(ビル裏手の入り口から、エレベーターで5階へ)
東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」A3出口より徒歩3分
JR「新橋駅」より徒歩8分 JR「有楽町駅」より徒歩10分
会費 会員:5,500円 一般:6,500円 学生:3,000円
お問い合わせ

お申込み
JSS事務局
電話/FAX:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
※先着順にて受付ます。参加人数110名までと致します。
(締切前に定員になりましたら、ご容赦下さい)
※お申込み締め切り:2月5日(水)
※会費は申し込みの後、下記協会の口座にお振込ください。
ゆうちょ銀行(通常預金)10120-816-25061 日本スコットランド協会
三菱東京UFJ銀行新宿支店(普通預金)0067203 日本スコットランド協会
◆関西茶会倶楽部 第14回「素人副館長の“ドタバタ”報告」◆
新しい年の初の茶会は、興味深い方をお招き致します。
新聞記者から美術館の副館長に「変身」した前島紳作さんです。
お話をして頂きたいとお願いしたところ、以下のようなご返事が届きました。
「これはえらいことになった」というのが偽らざる心境である。会報101号で「驚愕人事のおかげ……」と題し、書かせていただいたが、全くの素人が美術館の運営に現場のトップとして携わってきた。まずは、その“ドタバタぶり”をお話したい。そして、なぜこの高貴な会に小生のような門外漢が入会させていただくに至ったかを。
最近、自分の中で気づきがある。入会後、イギリスやスコットランドという言葉に敏感に反応するようになった。知らない地名だと地図を開いて確認したりしている。ただ、英語のヒアリングが大の苦手。新婚旅行の機内でCAの「ティー オア コヒー」に「チキン、プリーズ!」と答え、CAがこけそうになった。そのリベンジも兼ね、NHK「ラジオ英会話」を聞くようになった。恐らくいろいろな意味で「にわか度」と「付け焼き刃度」No.1会員。そんなドタバタぶりにも触れたい。
神戸ファッション美術館 前島紳作
日時 3月15日(日) 14:00〜16:00
会場 神戸倶楽部
兵庫県神戸市中央区北野町4-15-1 (電話:078-241-2588)
講師 前島紳作さん 神戸ファッション美術館副館長
参加費 会員:3,500円 一般:4,000円 (紅茶とパティシエ特製お菓子付き)
お問い合わせ

お申込み
JSS事務局
電話:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
※お申込み締め切り:3月10日(火)
お申し込みは協会事務所にご連絡いただき、受付の番号をお伝えします。
その後、以下の口座に参加費の振込みをお願い致します。
振込先:ゆうちょ銀行通常貯金 10120-816-25061
※事務局の営業時間は月・水・金曜日の13:00〜17:00 になりました。
お電話の方はご注意ください。
◆Scottish Country Dance Youth Class◆
Scottish Country Danceをご存知ですか?
SCDは17世紀から現代に続く、スコットランド発祥のInternational Social Danceです。
モダン社交ダンスに押され衰退一途のダンスの復興を望む人々よって1923年にScottish Country Dance Society が設立されました。
主唱者 Dr. Milligan の主張は「Dancing Family」であり「世界に平和を!」でした。
その思想は見事に実り今日SCDは世界中殆どの国で踊られています。
留学や転勤で外国に行かれたScottish dancerの誰もが、現地のDancing familyの温かい受け入れでホームシックを忘れて過しました。
さあ、一緒にSCDを始めてみませんか?
日程 1月10日(金)
1月17日(金)
時程 18:30〜20:30
講師 岡田昌子(JSS理事・RSCDS公認教師)及びSBBC所属のRSCDS公認教師陣
会場 中野 ゼロホール 本館B2 多目的練習室
会費 高校生(要親の承諾)10回分一括支払い:2,000円 毎回支払い:各1回300円
大学生専門学校生 10回分一括支払い:3,000円 毎回支払い:各1回400円
社会人(30代迄)10回分一括支払い:4,000円 毎回支払い:各1回500
主催等 主催:東京スコティッシュ・ブルーベルクラブ
後援:日本スコットランド協会
申込 申込書と参加費をご出席の際にご持参下さい。開場で直接お受けいたします。
また、出来ましたら事前にメールにて参加希望者名を送信願います。
◆スコットランドを語る会◆
「スコットランドを語る」会の皆様へ

皆々様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
早速ですが、「スコットランドを語る」第101回のご案内を致します。
今回お話し頂くのは三村美智子さんと國田あつ子さんのお二人です。
お二人は9月前半に実施された協会のスコットランド・ツアーを企画・引率され、グランピア地方とオークニー諸島を回ってこられました。皆様は既にお読みになられたと思いますが、『スコットランド便り』102号に紹介されております。その旅の楽しさ、見聞されたこと、エピソードなどを、協会誌上にまだ掲載されていない写真も交えながら、お話しして頂きます。
ぜひお出かけ下さい。お待ちしております。
【第101回】
日時 1月22日(水)18:00〜
会場
「うすけぼー」南青山店
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-31 ニッカウィスキービルB1 (電話:03-3486-9200)
東京メトロ表参道駅下車、青山学院方面B出口を出て徒歩10分。
講師 三村美智子さん、國田あつ子さん
題名 「スコットランドの旅」
参加費
会員:3,500円
一般:4,000円
お話の後で、軽食とお飲み物を準備しております。
一般の方も参加歓迎致します。
世話人 佐藤猛郎、山田修、中尾正史(今回の担当は山田)
お問合わせ
JSS事務局
電話/FAX:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
山田修
メール:rsx19559@nifty.com
※申込締切:会場の都合がありますので、出欠のご返事1月21日(火)正午まで。
お申し込みのキャンセルをする場合も、1月21日(火)正午までに、山田までお願いします。
それ以降になりますと、後日実費をお支払いいただくことがあります。
◆スコットランドを語る会・神戸◆
皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
NPO日本スコットランド協会の関西での活動として開始した「スコットランドを語る会・神戸」の第3回です。
今回はサントリーで長年にわたって、「響30年」「山崎50年」「山崎35年」など、多くのサントリーウイスキーの開発・ブレンドに携わって活躍された輿水精一氏をお招きし、ウイスキーに関してのお話をうかがい、実際にウイスキーのテイスティングを指導して頂きます。
【第3回】
日時 2月15日(土)14:00〜16:00
会場
神戸倶楽部
神戸市中央区北野町4-15-1
最寄り駅:三宮駅
講師 輿水精一氏(サントリー名誉シニアブレンダー)
演題 「日本の酒になったウイスキー」
幹事 三鍋昌春(理事)
中尾正史(副代表理事、「スコットランドを語る会・神戸」担当理事)
参加資格 日本スコットランド協会会員、および、会員の家族、友人知人
参加費 2,000円 当日支払い(当日キャンセルの場合、後日お支払い頂きます)
お問合わせ
中尾正史
メール:fwij4445@nifty.com
(メールの件名は「語る会・神戸参加希望」として下さい)
※定員に達した時点で参加申し込みを終了させて頂きます。
◆JSSタータンのご注文について◆
協会のオリジナル・タータンで作ったスカートやキルト、サッシェなどを目にした方々から「生地が欲しい」「スカートやズボンを作ってみたい」というお問い合わせを頂いております。
その声にお応えし、協会にてご注文を承ります。
協会は皆様の注文の取りまとめと取り次ぎのみを行います。
糸の染色、織り仕上げまでを、スコットランドの工場に依頼致します。
ご関心のある方は協会までご連絡下さいませ。

スカートやキルトの制作費は参考価格です。
現地製造費用は為替変動によって決まりますのでご了承ください。
※おおよその費用 (布、仕立て代、税込)
女性用スカート 参考 18,000〜20,000円
男性用キルト 参考 35,000〜38,000円
ズボン 未定
サッシエ 参考 2,500円
布地など 参考 5,000円/m
お問い合わせ

お申込み
JSS事務局
電話:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
音楽CD 「HAPPY TARTAN」
タイトル 音楽CD 「HAPPY TARTAN」
アーティスト
著者:近藤 ゆう子
演奏者:大竹 奏
価格
CD:1,000円
ブック:500円
お問い合わせ
&
お申込み
JSS事務局
電話/FAX:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
当協会の会員で、スコティッシュダンスのサークル「タータンクラブ」を主宰し
指導している近藤ゆう子さんがスコティッシュ・カントリーダンスのステップや
フォーメーションを記したとても素敵な本を作成されました。

ジグやリール、ストラスペイなど全10セット、曲もオリジナルで作曲、演奏は協会のイベントでもおなじみの会員のフィドラー、大竹奏さん、楽譜も掲載されています。3人で踊れるものから、勿論大勢で楽しめるものまで、大変わかりやすく、海外でもすでに評判で、踊られているものもあるそうです。いつか協会のタータンを身につけて、この中のダンスを披露してくださることでしょう!

CD、ブックは協会でも販売しております。
「Happy Tartan」はCD1000円、ブック500円です。
ご希望の方は、協会へご連絡ください!
2020年 
〜1/19(日)
01/25(土)
02/04(火)
02/07(金)
03/15(日)〜03/31(火)
Copyright 2002 The Japan-Scotland Society All right reserved ©