クラブ活動予定表
クラブ 2019年
1月 2月 3月
タータンクラブ 9日/23日/30日(水) 6日/20日(水) 6日/20日(水)
スコッツマンを読む会 5日(土) 2日(土) 2日(土)
ゲール語自主トレの会 A-class 18日(金) 15日(金) 15日(金)
ゲール語自主トレの会 B-class 13日(日) 10日(日) 10日(日)
読書会 24日(木) −−− 14日(木)
民話の会(東浦ゼミ) 12日(土) 9日(土) 16日(土)
民話クラブ 19日(土) 16日(土) 23日(土)
ホワイトヘザークラブ −−− 23日(土) −−−
スコットランドを語る会 24日(木) −−− 29日(金)
スコットランドを語る会・神戸 −−− −−− 9日(土)
ゴルフ会 11日(金)
※19番ホール
−−− 次回4月8日(月)
◆タータンクラブ◆
スコットランドを本部とするThe Royal Scottish Country Dance Society (RSCDS)の公認教師が指導をしています。随時入会可。
毎回、楽しく踊っています。JSSのイベントでのデモやハイランドゲームズでのコンペに参加します。経験豊富なメンバーはセント・アンドリュースで行なわれるサマースクールや、世界各地で行なわれるダンスのワークショップなどに参加しています。世界のダンサーとの交流を楽しんでいます。
日時 毎月、奇数週 (第1・第3・第5)の水曜日
18:45〜21:00
(1月と8月の第1週はお休み)
場所 中野サンプラザ8F グループ室2
参加費 JSS会員:800円 ビジター:1,000円
担当者 指導:RSCDS公認教師 近藤ゆう子 他
お問合わせ 近藤ゆう子
メール:ykondo-2017-ymkm@nifty.com
◆スコッツマンを読む会◆
スコットランドでよく読まれている新聞の一つである
「THE SCOTSMAN」の記事をダウンロードして、現在のスコットランドに関する記事を幅広く選び、交替で読みます。
講師は元共立女子大教授の廣瀬和清先生。
これまでは講師の廣瀬先生を中心に購読してきましたが、当分の間メンバーのディスカッションを中心に進めていき、疑問点はメールなどで先生に教えていただきます。開始時間は15:00時から、参加費は500円とします。
原則として毎月第1土曜日の15:00から約2時間開催しています。興味のある方はJSS東京事務所までお問い合わせください。
スコッツマンを読む会活動報告
日時 3月2日(土)15:00〜
場所 JSS事務局
テーマ 1)2019年1月29日付
Criticism as SNP politician poised to head up botched Alex Salmond inquiry
参加費 500円
お問合わせ JSS事務局
電話/FAX:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
◆ゲール語自主トレの会◆
「ゲール語でスコットランド文化を学ぶ会」が新たに「ゲール語自主トレの会」として再出発致しました。

A-class … 月1回スコットランド・ゲール語の歌と歌詞を学びます。
B-class … ピーターラビットをゲール語で学びます。
(両方のクラスに参加されても、どちらか一つのクラスに参加されても構いません)
日時 A-class 3月15日(金)18:30〜20:30
B-class 3月10日(日)15:00〜16:00
場所 JSS事務局
お問合わせ JSS事務局
電話/FAX:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
◆読書会◆
読んだ本について語り合う、サロン的雰囲気の会です。
会の終了後希望者は近くで会食します。
日時 3月14日(木)14:30〜16:30
場所 JSS事務局
テーマ 「二都物語」 チャールズ・ディッケンズ
お問合わせ JSS事務局
電話/FAX:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
◆民話の会◆
月に一度スコットランドの民話を原書で読んでいるJSS「民話の会」は、ふたつあります。
もう10年以上前に生まれた最初の会は「東浦ゼミ」として、故早稲田名誉教授の東浦義雄先生のもと、月に一度ゆっくりと原書を読む会として始まりました。紅茶好きの先生でしたから、アフタヌーン・ティも兼ねていて、スコットランドのいろいろを話し合ったものです。今もその傾向は続いていて、クラブ員は8人、会の名称も存続しております。
2014年12月にもうひとつの、民話を初めて読む「民話クラブ」が始まりました。
どちらも、テキストは同じ物を使っています。”Scottish Folk and Fairy Tales from Burns to Buchan”で、ペンギン・クラシックス版です。16年の9月現在は、それぞれが51ページと82ページの作品を読んでいるところです。
これから原書で民話を読んでみたいと思われる方は、どうぞ「民話クラブ」にお入りください。人数がまだ少ないためです。
会費は、どちらも会員は無料、ただしテキストをコピーするときには一枚10円かかります。一般の方は、会費500円をいただいております。会場費と紅茶代金となります。
会場は、協会事務局です。(03-6380-5256)時間はどちらも午後4時から6時としています。
日時 3月16日(土)16:00〜18:00 (東浦ゼミ)
3月23日(土)16:00〜18:00 (民話クラブ)
場所 JSS事務局
テーマ ”Scottish Folk and Fairy Tales from Burns to Buchan” ペンギン・クラシックス版
参加費 500円(一般の方)
お問合わせ JSS事務局
電話/FAX:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
◆ホワイトヘザークラブ◆
スカイボートソングや、ロッホ・ローモンドなど、スコットランドには何か懐かしく、私たちの心の琴線にふれる美しい曲が沢山あります。「ホワイトヘザークラブ」は、スコットランドで大変親しまれたテレビ番組の名前から命名された、スコットランドの歌を原語で歌うサークルです。
だいたい2カ月に一度のペースで、毎回数曲づつ詩や言葉、曲の背景などを学びつつ、原語で歌唱します。
講師は協会でもおなじみチャールズ・マーシャル先生。毎回どの曲が歌われるか大変楽しみです!
日時 2月23日(土)13:30〜15:30
場所 JSS事務局
題材 Wild Rover
Bluebells of Scotland
参加費 会員:200円 一般:1,000円(見学1回は無料)
お問合わせ JSS事務局
電話/FAX:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
◆スコットランドを語る会◆
「スコットランドを語る」会の皆様へ

皆々様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
早速ですが、「スコットランドを語る会」第95回のご案内をいたします。
今回お話しいただくのはスコティッシュ・カントリー・ダンス(略は、SCD)指導者の佐藤仁美さんです。
佐藤さんは、50年ほど前、1968年頃からフォークダンスを開始され、その中でスコティッシュ・カントリー・ダンスと出会い、1977年に浦和SCDグループを立ち上げ、指導を続けています。1990年にRSCDS( The Royal Scottish Country Dance Society) 公認指導者の資格を取得しています。現在はRSCDS埼玉ブランチのチェアマン、また、(公社)日本フォークダンス連盟埼玉県フォークダンス連盟の会長でもあります。
今回は「ロバート・バーンズとスコティッシュ・カントリー・ダンス」という演題でのお話をうかがいます。
内容は、ロバート・バーンズの生涯、ロバート・バーンズの1787年のハイランドツアー足跡をたどる、ロバート・バーンズの詩とダンス、などです。
関連する曲や詩として、Auld Lang Syne、Comin’ through the Rye、Tam o’Shanter、A Red, Red Rose、To a Haggisを扱います。
【第95回】
日時 1月24日(木)18:00〜
場所
「うすけぼー」南青山店
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-31 ニッカウィスキービルB1 (電話:03-3486-9200)
東京メトロ表参道駅下車、青山学院方面B出口を出て徒歩10分。
講師 佐藤仁美 さん
題名 「ロバート・バーンズとスコティッシュ・カントリー・ダンス」
参加費
会員:3,000円
一般:3,500円
一般の方も参加歓迎いたします。
お話の後で、軽食とお飲み物を準備しております。
世話人 佐藤猛郎、山田修、中尾正史(今回の担当は中尾)
お問合わせ
JSS事務局
電話/FAX:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
中尾正史
メール:fwij4445@nifty.com
※申込締切:1月21日(月)正午まで
なお、お申し込みのキャンセルをする場合は、1月23日(水)17:00まで、中尾までお願いします。
それ以降になりますと、後日実費をお支払いいただくことがあります。
◆スコットランドを語る会・神戸◆
皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
NPO日本スコットランド協会の関西での活動として「スコットランドを語る会・神戸」を始めます。
発表者からスコットランドに関する話を聞き、その後に食事会をします。発表者も参加者も同じテーブルで話をする気楽な会です。関西以外にお住まいのかたのご参加も歓迎いたします。

明治時代に来日し、日本の近代化に貢献したスコットランド人は多くいます。
今回はそのなかでも神戸の発展に貢献したスコットランド人について語ります。
日本で最初に炭酸飲料水ラムネを製造販売したといわれているアレクサンダー・シム(神戸レガッタ&アスレチッククラブ創立者)、布引ダムの位置決定および原型作成など神戸の水道の発展に尽くしたウィリアム・バートン、和田岬灯台設計者のリチャード・ブラントンを取り上げます。
【第1回】
日時 3月9日(土)18:00〜20:00
(前半45分程度は下記の演題の話を聞きます。後半1時間程度は食事会とします)
場所
神戸レガッタ&アスレチッククラブ(KR&AC)1階レストラン
〒651-0085 兵庫県神戸市中央区八幡通2丁目1-20(磯上公園の西方面)
最寄り駅:三宮駅
講師 中尾正史
題名 「神戸とスコットランド」
参加費
会員/一般:4,000円
(アルコール・ノンアルコール飲料費含む)
お問合わせ
JSS事務局
電話/FAX:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
中尾正史
メール:fwij4445@nifty.com
※申込締切:3月6日(水)正午まで
◆ゴルフ会◆
〜第10回 JSSゴルフ会開催ご案内〜

JSSゴルフ会の皆様
今年も元気にゴルフに勤しみ、友情を深めましょう!
さて掲題下記要領で実施いたし度、奮ってご参加お待ちします。
日時
4月8日(月)OUT 8:58 スタート
※当日はセルフデイのためクラブバスのサービスはありませんので、ピックアップが必要な方はご遠慮なくお知らせください。
場所
高麗川カントリークラブ
〒350-1242 埼玉県日高市大字北 平沢1485
(TEL:042−989-3131)
アクセス 圏央道狭山日高ICまたは鶴ヶ島ICより(約30分)
西武池袋線 飯能駅北口よりタクシー(約25分)
又はJR川越線 高麗川駅よりタクシー(約10分)
グリーンフィー ランチ込みで約12,000円 + 19番ホール飲食代(各自負担)
参加費 無し(実費各自負担)
賞品 一品ご寄付をお願い致します。
参加資格 一切不問
クラブからの
お願い
※Tシャツ、サンダル、ジーパン等、ゴルフに相応しくない服装はご遠慮下さい。
※“ハーフ2時間15分プレイ”にご協力ください。
お問合わせ JSS事務局
電話/FAX:03-6380-5256
メール:info@japan-scotland.jp
(または稲永迄)
※申込締切:3月15日(金)

Home
Copyright 2002 The Japan-Scotland Society All right reserved ©